技術資料
■技術解説
 ■TP95S-2
  ・斜め発進参考図

(1)TP90S-1・TP90S-2の場合

(2)TP95S-1・TP95S-2の場合
注1) 上記の振れ角は最大値で有り、立坑築造時の施工誤差や推進装置の前後移動の余裕量、縦梁のライナー直線部位置により振れ角は小さくなる場合もあります。
注2) 縦梁はH-200mmの寸法です。

〔戻る〕


Copyright(C)2001 IRONMOLE ASSOCIATION All rights reserved.
E-mail:info@ironmole.gr.jp