技術資料
■技術解説
 ■TP95S-2
  ・立坑寸法

■標準発進立坑図(単位:mm) ■標準到達立坑図(単位:mm)
(鋼矢板工法)
(ライナープレート式工法)

注1) 鋼矢板の数値は内寸法で、ライナープレートはプレート幅センターからの数値となっており内寸法は50mm減となります。
注2) 止水器付き、及び両発進の場合は止水器の長さ及び使用する推進管の最終管が、止水器からの押出量を考慮して、上記寸法より大きくする必要があります。
注3) 標準到達坑平面図の寸法は、先導管を一体回収する場合です。

■標準立坑断面図(単位:mm)

TP95S-2の寸法 (単位:mm)
適用ヒューム管径 管芯高
(h)
最下段腹起し
(切梁)高さ(H)
φ350〜φ700 1,050±50 2,400
※但し、かさ上げH鋼高さ300mmを使用した場合

注1) 上記寸法は、標準寸法であり、現場状況等により変わります。
注2) 既設の埋設物が有る場合は別途検討して下さい。
注3) 立坑が深い場合は、仮設階段を設けるため充分な広さを必要とします。
注4) 坑口部分については、必ず地盤強化と止水のための地盤改良を実施して下さい。
特に発進坑口部では、方向制御安定のため地盤改良を行い、湧水量が多く、崩壊性が激しい地盤では、改良範囲を長くすることを検討して下さい。

〔戻る〕


Copyright(C)2001 IRONMOLE ASSOCIATION All rights reserved.
E-mail:info@ironmole.gr.jp