改築推進工法「アイエムリバース工法」現場見学会のお礼とご報告

平成20年1月23日(水)、石川県輪島市門前町において、改築推進工法「アイエムリバース工法」の現場見学会を実施しました。

来場者にとりましては、遠路及び冬季で厳しい時期でしたが、当初想定した来場者数を大幅に上回る役所・法人団体及びコンサルタント等の関係各位にご参加いただき、改築推進に対する関心の大きさがうかがえました。


江藤副会長の挨拶

見学会現場

以下、特長、工事概要を述べます。

【アイエムリバース工法の特長】
1) 既設管の位置に関係なく施工可能
  2) 既設管の破砕片を地中に残さず回収可能
  3) ベースマシーンはアイアンモール機であり、汎用性・経済性が高い
  4) 新設管は、φ250mmから施工可能
  5) SUSカラー推進管でも施工可能
  6) 最小φ2mの発進立坑から施工可能


【工事概要】
★能登半島地震 災害復旧工事 総延長 1,185.58m
  1) 3018工区 16スパン、841.52m
  既設管φ300、350、400、450mmヒューム管
  更新管φ300、350、400、450mmヒューム管
  2) 3019工区 5スパン、344.06m
  既設管φ400mmヒューム管
  更新管φ300、350、400mmヒューム管
 
三次元特殊スパイラルカッタ
三次元特殊スパイラルカッタ
到達状況
到達状況

既設管渠の破砕片
既設管渠の破砕片

最後に、施工、見学会にご協力頂きました関係各位に厚く御礼申し上げます。

なお、アイエムリバース工法及び仮排水工法の全自動バイパス君についての詳細は、
RPSシステムのホームページ
http://www.rebuild-ps.com/
の工法紹介ページをご参照下さい。



Copyright(C)2000-2007 IRONMOLE ASSOCIATION All rights reserved.
E-mail:info@ironmole.gr.jp