TP90S-2(泥土圧工法 管径φ250〜700)
泥土圧式小口径管推進工法(オーガ方式1工程式工法)

[特長]  [仕様]

アイアンモールTP90S-2


特長
  1. 広範な土質に対応し、豊富な施工実績を誇る汎用機。
  2. 滞水砂礫層でも容易に推進
  3. 切羽前面で礫・玉石を破砕
  4. 実績あるディスクカッタを採用
  5. 滞水層での止水・排土量をコントロール(大型ピンチ弁)

[TOP]
仕様
推進距離
100m程度(土質による)
適用管種
ヒューム管:φ250〜φ700

適用土質
土の種類
礫玉石混り土、砂、シルト粘土
N値
3〜50
礫玉石混り土
一軸圧縮強度 147000kN/m2(1500kgf/cm2)以下
礫径:呼び径の50%以下
礫玉石含有率:60%以下
(礫径50mm以上は35%以下)
被水圧
max117.7kPa(1.2kg/cm2)以下
現場透水係数の値により異なりますので
詳細は設計・技術資料あるいは積算資料を参照して下さい
推進力
1,961kN(200ton)
カッタトルク
8,230Nm( 840kgm):φ250,φ300
16,460Nm(1,680kgm):φ350〜φ700
カッタ回転数
0〜21rpm

適用土質、推進距離を越える場合でも施工可能となる場合がありますので、ご相談ください。
最大礫径・礫率は管径により、異なりますので、アイアンモール協会発行の積算資料で確認下さい。

[TOP]
アイアンモールのカタログ(PDFファイル)をダウンロードされたい場合はこちらから。

〔戻る〕

Copyright(C)2000-2011 IRONMOLE ASSOCIATION All rights reserved.
E-mail:info@ironmole.gr.jp