TP80(仮管併用推進工法 管径φ250〜700)
仮管併用二工程推進工法

[特長] [仕様]

TP80
特長
  1. 多種多様な施工条件で、円滑な作業を実現。
  2. 腐植土やシルト等の粘性土主体
  3. 安全・確実な掘削土砂の搬送が可能。
  4. 長距離精度を確保する、高精度レーザーシステム。

圧縮パイロットヘッド
圧縮パイロットヘッド
  スクリュー排土掘削ヘッド
スクリュー排土掘削ヘッド


[TOP]
仕様


基本装置仕様

  仕様 長さ 幅又は外径 高さ 重量
油圧ユニット 使用電力 35KW 1,366mm 865mm 1,553mm 970kg
使用電圧 200/220V(3相AC)
周波数 50Hz/60Hz

コントロール
ユニット

使用電力 150W 727mm 685mm 1,564mm 250kg
使用電圧 100V(AC)
後部推進装置 最大押し力 1960kN (200ton) 3,686mm 1,300mm 745mm 2,230kg
ストローク 450mm


ユニット仕様

  仕様 長さ 幅又は外径 重量
圧密パイロットヘッド
(ローム・シルト層用)
最大押し力 510kN (52ton) 2,549mm φ216mm 340kg
ストローク 400mm
揺動角度 ±3゜
ヒューム管推進掘削ヘッド
(スクリュー排土)
カッタトルク 10,100kN(1,030kg-m) 2,502mm φ365mm 640kg
カッタ回転数 20rpm


システム仕様

推進外径 φ216mm〜φ895mm
適用管径(ヒューム管径) φ250mm〜φ700mm
推進距離 50m(土質による)
方向修正 パイロット管推進時のみ必要
所要電力 35kW(200/220V3相AC)


[TOP]
アイアンモールのカタログ(PDFファイル)をダウンロードされたい場合はこちらから。

〔戻る〕

Copyright(C)2001-2011 IRONMOLE ASSOCIATION All rights reserved.
E-mail:info@ironmole.gr.jp